クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)のクロケット&ジョーンズ(CRCKETT&JONES)通販サイト限定モデル登場

クロケット&ジョーンズ(CRCKETT&JONES)通販サイト限定モデル登場
Trading Post RUGGED STORE(ラギットストア)
会員様限定SECRET SALE

クロケット&ジョーンズ
Crockett&Jones

BRAND MENU
COLLECTION
TYPE
LAST
SOLE
COLOR
SCENE
PRICE
GENDER

GRAND MENU

BRAND
TYPE
PRICE
SCENE
SOLE
【会員様限定】商品レビューキャンペーン
トレーディングポスト公式オンラインショップ ブログ
オンライン接客
ANTONIO RUFO ─ Prestige Collection ─
Tradong Post オフィシャルサイト
靴磨き始めよう。シューケア用品取扱い開始
タイムボイジャーパターンオーダー受付中
レディースアイテム

TOP > クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) > クロケット&ジョーンズ(CRCKETT&JONES)通販サイト限定モデル登場

クロケット&ジョーンズ(CRCKETT&JONES)通販サイト限定モデル登場

【クロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES)の通販サイト限定モデルが入荷しました】

トレーディングポスト オンラインショップをご利用いただきありがとうございます。クロケット&ジョーンズに別注をかけた通販サイト限定モデルがようやく入荷しました。こだわりを詰め込んだ4モデルをご紹介させていただきます。

【ジェームズボンド愛したダブルモンクブーツ キャンベリー(CAMBERLEY)】

こちらのデザインを見て「おっ!!」と思われた方は、映画「007」通の方ではないでしょうか?《キャンベリーは、過去に映画「007」の劇中で主役ジェームズボンドを演じたダニエルクレイグが着用したことでも話題になったモデルです。》流れるような流線形のシルエット。カジュアルな印象が強いブーツをエレガントに仕上げるあたり、流石「クロケット&ジョーンズ」です。

《ダブルモンクストラップと煌びやかなシルバーバックル》

そもそもモンクストラップブーツが珍しいデザインですがダブルモンクとなると更に珍しい。レースアップブーツに比べ着脱がしやすいなどの機能面の便利さもあります。ですが最大の特徴は、ただただデザインがカッコいい!!輝くバックルとスエードのコントラストがラグジュアリー感を演出してくれます。

《ファッショナブルなコーディネートの強い味方!!こだわりのブラックスエード》

《世界中で愛される定番ラスト348》

劇中で使用されているモデルやトレーディングポストや一般的に販売されているキャンベリーは、ほとんどがカーフのモデルです。今回は、ありそうでなあったブラックスエードでオーダーをかけました。ブラックカーフのソリッドな雰囲気もかっこいいですが、スエードの柔らかさと温かみがキャンベリーの違った魅力を引き出してくれます。

エッジの効いたスマートでエレガントなシルエットが特徴のラスト348。2004年に登場した当時は革新的なラストとされましたが、今や世界中で愛される定番ラストになっています。ラスト348は、ドレスシューズからブーツ、ローファーなど多くのデザインに使用されており、メーカーのアイコンと呼べるラストです。キャンベリーの他にもストレートチップのハラムやワンピースのアレックス」、チャッカブーツのテッドベリーなど多くの有名なモデルが存在します。#348ラストを使用するだけでクラシカルなイギリス靴がモダンでエレガントなスタイルに変わります。

《キャンベリーと言えば堅守なダイナイトソール(DAINITE SOLE)》

キャンベリーと言えばダイナイトソールが一般的です。イギリスの直営店で販売しているモデルもダイナイトソール・・・。レザーソールのモデルはあまり見かけません。映画007で使用されたモデルもダイナイトソールのモデルなのでアクションシーンで使用する際の配慮かもしれませんね。

【水に強い!雨の日の強い味方!!
ウォータープルーフカーフ(WATERPROOF CALF)】

ウォータープルーフカーフとは、カーフの艶を維持しながらオイル分を含ませ、耐水性を高めた素材です。高機能素材ながらドレスシューズの高級感を損なうことがありません。さらにシュークリームを使い磨くことで更に艶が出てきます。

今回の別注のお勧めモデルがウォータープルーフカーフを使用したキャベンディシュ3とボストン2です。

【タッセルローファーの名品キャベンディシュ3(CAVENDISH 3)】

クロケット&ジョーンズの枠を超え、イギリスを代表するタッセルローファーと言っても過言ではない《名品キャベンディシュ3》。イギリス靴らしいクラシックで端正な雰囲気が特徴です。ラストには、踵の小さいアジア人を意識して作られた375ラストを使用することでクラシカルなイギリス靴の佇まいに現代的なフィット感が融合されています。

《ローファーお中で、ドレッシーとされるタッセルローファー》

1950年代にアメリカのアイビースタイルをルーツに持つ、ビジネスマンや弁護士が好んで履いたとされるタッセルローファー。ローファーの中ではドレッシーとされるタッセルローファーは、スーツスタイルの足元やドレスカジュアル、カジュアルスタイルまで幅広く使用できる便利な1足です。

【ローファーの名品ボストン2(BOSTON 2)】

こちらもキャベンディシュ3同様、《名品のひとつに数えられるボストン2》。こちらは、大定番モデルであるボストンのラストの改良版となります。木型は、376ラストを使用しており、375ラスト同様にクラシックなシルエットと優れたフィット感が特徴です。

【モカの縫い付けは、高級仕様のツイストモカ】

ツイストモカと呼ばれるハンドステッチで施された甲革のステッチが高級感を生み出します。ボリュームのあるラウンドのシルエットながら、エレガントな印象になるのは、流石クロケット&ジョーンズ。このぐらいにシルエットがON/OFF兼用で使用する際に丁度良い!!

【キャベンディシュ3とボストン2のラスト(木型)特徴は?】

キャベンディシュ3とボストン2は、それぞれ3違うラストを使用しています。両ラスト共、ベースとなるクラシカルなラウンドの定番ラストが存在しています。クラシカルなラウンドのシルエットのまま、甲回りから踵部分を小ぶりに改良し、フィット感を向上させています。 キャベンディシュ3で使用しているのラスト375に比べ、 ボストン2で使用している376ラストの方が若干つま先が短く、よりラウンドのシルエットになっています。

【キャベンディシュ3とボストン2のサイズ感の違いは?】

実際に履き比べて見ると・・・。ボストン2の方がノーズが短いため若干太一な印象あありますが、正直サイズが変わるほどではありません。もちろん人により変わる可能性はありますが、大体の方が同じサイズで着用されています。私自身もキャベンディッシュ3とボストン2は、同じサイズで履いています。

【耐久性とグリップ力を兼ね備えたシティソール(CITY SOLE)】

両モデル共に底材にダイナイトソールで有名なハルボロラバー社製のシティソールを使用しています。ダイナイトソールに比べ、柔らかくグリップ力の強い素材です。凹凸部分に溝が切られているため、濡れた路面でも滑りにくい形状になっています。

定番でありファッショナブルなキャベンディシュ3、ボストン2は、ドレッシーなスタイルからカジュアルまで幅広く使える便利なデザイン。それに加え、機能的なウォータープルーフカーフを組み合わせることで天気を気にせず、ご使用いただけます。

【カントリーブーツの名品 コニストン2(CONISTON2)】

《コニストン2は、カントリーブーツの大定番モデルであるコニストンのアップデートモデル》です。アップグレードのポイントは、カントリーらしいシルエットとボリューム感と現代的なフィット感を備えたラスト375を使用していることです。従来のラストは、欧米人比べ甲が薄く、足首の太さがないため、甲回りから踵のボリュームのない日本人には不向き。そこで使用しているのがクラシカルな見た目とフィット感を併せ持つラスト375なのです。

【ありそうでないカントリーブーツのダークブラウンスエード】

意外と少ないのがカントリーブーツのスエードです。カントリーブーツと言えばグレインレザーなど、ハンティング等、アウトドアで使用することを想定したハードな素材が多いため、スエード等の繊細な素材が少ないのです。スエード素材を使用することでカントリーブーツの重厚感が薄れ、ファッショナブルで都会的な印象になります。スエードはアウトドアには不向きですが、タウンユースのハードな使い方には対応可能。雨に使用できる素材として知られており、防水スプレーを使用することで毛の内部に成分が浸透し、ちょっとくらいの雨なら安心です。

【耐久性抜群!!堅守なイギリス定番ラバーソールであるダイナイトソール】

底材には、ラバーソールの定番であるダイナイトソール(DAINITE SOLE)を使用しています。堅守な底材のため、カントリーシューズなどの多用されるダイナイトソールは、イギリスの定番ラバーソールです。履き始めは硬い印象ですが履き込むと屈曲し、馴染みが出てきます。

いかがでしたか?目新しさはありませんが、気の利いたモデルが揃っています!!なんだかんだ、定番が一番使いやすい!!ぜひ、この機会にご覧ください。