カルミナの特徴やヒストリーをご説明いたします

カルミナ
CARMINA

BRAND MENU
COLLECTION
TYPE
LAST
SOLE
COLOR
SCENE
PRICE
GENDER

GRAND MENU

BRAND
TYPE
PRICE
SCENE

TOP > カルミナ(CARMINA) > ブランドの特徴・ヒストリー

ヒストリー

カルミナの歴史は1866年にマティアス・プハーダス氏がマヨルカ島のインカで始めたオーダーメイドの靴を作る小さな工房に遡ります。その数十年後には、彼の息子であるマテオ・プハーダス氏も父の影響で靴作りに携わるようになり、1905年にはバレアレス諸島で初となるグッドイヤー製法の工場を設立させました。1961年に創業者の孫にあたるホセ・アルバラデホ・プハーダス氏によってスペインで有数の靴メーカーに登りつめました。1997年には高級靴を求める声が高まりホセ氏は妻と子供達とで生まれ故郷のマヨルカ島で新しいブランドを立ち上げました。『カルミナ』と名付けられたそのブランドは、世界に通用する靴を作る事を掲げ、最愛の夫人の名前から命名されました。現在、スペイン国内に7店舗(バルセロナ、ビルバオ、ヴァリャドリッド、パルマ・ディ・マヨルカ、マドリッドに3店舗)、パリのオペラ通りに1店舗を構えるまでに成長しました。また、ヨーロッパ諸国や、日本、アメリカの一流店舗にも展開されるようになっております。

ブランドの特徴

カルミナのデザイン性の高さや仕上げの美しさ、履き心地の良さはイギリス靴に拮抗するまでに認知され始めております。またカルミナが作るグッドイヤー製法の靴はイギリス靴の製法と同じではあるが、他には無いエレガントな靴を作る事ができ、より多くのお客様にカルミナの靴への情熱を感じて頂けます。